読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市コロブログ

アニメや漫画などのオススメ記事や雑記を扱っているブログです

MENU

「遺憾に思う」という言葉の意味・語源・由来。『謝罪している訳ではない?』

スポンサードリンク

 

 

f:id:toshikoro:20170423140358j:plain

 

「遺憾に思う(いかんにおもう)」という言葉の意味

 

○正しい意味

 思い通りにいかなくて、心残りに思う。

 

×間違った意味

 申し訳ないと思う。

 

  政治家や役人の記者会見などで、よく耳にする言葉ですね。謝っていると受け取る人も多いですが、この言葉に謝罪の意味は含まれていません。「申し訳ありません」「反省しています」と言っている訳ではなく、単に「残念だと思います」「心残りです」と言っているだけです。
 政治家や役人、経営者などの責任を追うべき人が、波風を立てたくない時や素直に謝罪したくない時、責任を回避したい時に使いたくなる言葉なんでしょう。

 

 「心残りになる事なく」という意味の「遺憾なく(いかんなく)」や、「残念ではあるけど」という意味の「遺憾ながら(いかんながら)」という言葉もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

 

「遺憾」という言葉の語源・由来

 

 遺憾は、残念な気持ち(憾)を遺すという意味の漢語で、元代には存在していました。
 安土桃山時代には日本に伝わっていましたが、広く使われるようになったのは江戸時代になってからです。
 また、「遺憾ながら」「遺憾なく」という使い方は明治時代に現れました。

 

 

 

 他の言葉の誤用は、下のリンクにまとめています。

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp