読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市コロブログ

アニメや漫画などのオススメ記事や雑記を扱っているブログです

MENU

「悪運が強い」という言葉の誤用。『運が強いという意味ではない?』

スポンサードリンク

 

 

f:id:toshikoro:20170412215724j:plain

 

 今回は、「悪運が強い」という言葉の誤用について纏めてみました。

 

 

悪運が強い(あくうんがつよい)という言葉の意味

 

○正しい意味

 悪行を働いても、その報いを受けずに栄える。 

 

×間違った意味

 不運な出来事に遭っても、被害を受けない。

 

  「不幸な出来事の中で、僅かに救いとなる」という意味や、「運が強いこと」という意味だと勘違いしている人もいますが、「悪行を働いても、その報いを受けずに栄える」が正しい意味です。

 

 悪運という言葉は、元々「悪事を働いても報いを受けない運勢」という意味でしたが、「不運」という意味で使われる事が多くなりました。ですから、「運が悪いこと」などと載せる辞書も増えてきています。

 

 「悪運が尽きる」という言葉もありますね。映画やドラマで、悪役が敗北した時などに聞くんじゃないでしょうか。「悪事を働いても報いを受けない運勢」が尽きて報いを受けてしまう訳です。

 

スポンサードリンク

 

 

「悪運が強い」という言葉の使い方

 

○正しい使い方の例

「あの映画の敵役は悪運が強いから、見ていて腹が立ってくる」

 

×間違った使い方の例

「車同士で衝突したのに、軽傷で済んだんだって? 悪運が強くてよかったね」

 

 下の例の使い方だと、「あなたの運転に問題があったんでしょうね」という嫌みになってしまいます。
 このように、使い方によっては相手に不快感を与えてしまう言葉なので、そうならないように気をつけましょう。

 

 

 

 他の言葉の誤用は、下の記事にまとめています。

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp