都市コロブログ

アニメや漫画などのオススメ記事や雑記を扱っているブログです

MENU

「海千山千」という言葉の誤用 【意味・語源・由来・例文】

スポンサードリンク

 

 

f:id:toshikoro:20170425211619j:plain

 

 今回は、「海千山千」という言葉の誤用について纏めました。

 

意味


○正しい言葉の意味

 経験豊富で物事の裏面にまで通じており、ずる賢い。

 

×間違った意味

 経験豊富。


 この言葉には、経験を多く積んでいるという意味だけではなく、「ずる賢い」「したたか」という意味も含まれています。ですから、相手を持ち上げるつもりで使ったとしても、自分の印象を悪くしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

語源・由来

 

 「海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になる」という言い伝えが語源です。この言い伝え自体は古くからありますが、「海千山千」の語は昭和に入ってから使われるようになりました。
 また、「海千河千(うみせんかわせん)」「海に千年山に千年(うみにせんねんやまにせんねん)」は、「海千山千」の同義語です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

例文

 

○正しい使い方の例

 あの人は海千山千の曲者だから、気を付けた方がいいよ。

 やはり、海千山千の商売人相手に、ど素人が交渉を挑むのは無謀だったか…。

 

×問題のある使い方の例

 海千山千の社長の話は、いつも参考になります。

 海千山千の料理で、とても美味しそうです。

 

 

 

 他の言葉の誤用は、下記リンクにまとめています。

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp