都市コロブログ

アニメや漫画などのオススメ記事や雑記を扱っているブログです

MENU

「答える」と「応える」の意味の違い

スポンサードリンク

 

 

f:id:toshikoro:20170630231843j:plain

 

 

 「答える」と「応える」は、使い分けが少し難しい言葉です。両方とも「こたえる」と読みますが、意味は大きく違います。

 今回は、2つの「応える」の違いを簡潔にまとめてみました。

 

 

 

答える(こたえる)

 

意味1

 

○返事をする。

 

例.はいと「答える」

 

意味2

 

○問題を解いて結論を出す。

 

例.問題・質問に「答える」

 

解説

 

 「答える」は、誰かに呼ばれて返事をする時や、問題を解く時などに用いる言葉です。
 返答(問いに対して答える)・回答(質問に答える)・解答(問題を解いて答える)など、類語にも「質問や問いに答える」という意味の言葉が沢山あります。

 

スポンサードリンク

 

 

 

応える(こたえる)

 

意味1

 

○報いる。応じる。

 

例.要望に「応える」、期待に「応える」

 

意味2

 

○刺激・衝撃を強く感じる。

 

例.「親友の死は応えた」

 

意味3

 

○反響する。

 

例.「山びこが応える」

 

意味4

 

○しみじみと感じる。

 

例.「家族の愛が心に応える」

 

 

解説

 

 「答える」よりも意味の数が多いですね。
 「応える」は、何か外部からの働きかけがあり、それに添う反応をする時に用います。
 知識だけで「答える」のとは違って、相手の気持ちを理解する必要がある訳です。そして受けたことに対し、それに見合う反応でなくてはいけません。

 

 「答える」には、「返事をする」「問題や質問に答える」という意味しかないです。ですから、それ以外の意味の時に「答える」か「応える」で迷った場合は、後者である可能性が高いでしょう。
 ただ、耐えるという意味の「堪える(こたえる)」との混同には注意して下さい。

 

まとめ

 

 

・返事をする時や、問題を解く時は「答える」を用いる。

 

・外部からの働きかけがあり、それに添う反応をする時は「応える」を用いる。

 

 

 

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp