都市コロブログ

アニメや漫画などのオススメ記事や雑記を扱っているブログです

MENU

おすすめ神アニメランキング・ベスト30【厳選一覧】

スポンサードリンク

 

 

 ※6月8日に加筆修正しました。


 売り上げと人気は無視し、独断と偏見で選びました。
また、2期以上あるTV作品や2部作以上ある劇場作品は、1つの順位に纏めています。

 

 この記事は、定期的に更新していきます。

 

 

 

途中から見たい人は、↓からショートカットしてください。

 

 

30位

 

Another

  

Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

 

 

○あらすじ
 夜見山北中学に転校してきた主人公・榊原恒一は、自分に向けられる同級生の目に恐怖の色を見つける。
 恒一は、ミステリアスな少女ミサキ・メイが気にかかり、接触しようとするが新たな謎が増えるだけだった。


 そうした日々を送る中、同級生の少女が惨殺された。

 このクラスで起こっている異常な現象の正体とは何か? 謎を解き明かそうとする恒一だったが…。

 

 クラスに紛れ込んだ「死者」を探すサスペンス・ホラー。

 

 放送当時は、毎週楽しく見ていた。10話くらいまでは緊張感を保っているし、推理し甲斐がある。キャラデザも悪くない。
 アニメにしてはグロイ描写が多いけど、不思議と不快感は少なかった。

 

 ただ個人的には、11話と12話の展開は頂けなかったな。
 まぁそれでも、「ホラーアニメで何かいいのない?」と聞かれたら、とりあえず勧めるくらい面白いアニメではあるんだけど。

 


29位

 

時をかける少女

 

時をかける少女 [Blu-ray]

 

 

○あらすじ

 主人公・紺野真琴は、事故に遭った所為でタイムリープが出来るようになり、自分や周囲の人間の問題を解決するため奮闘する。

 

 季節感がある綺麗な作画なので、夏になると無性に見返したくなる。
 正直、この作品を知った時は「また映像化するのか」と思ったけど、見ている内にどんどん引き込まれていきハマってしまった。
 しかし、ここまでヒットしたのは意外だったな。タイムリープものは、いつの時代も一定の需要があるんだねぇ。

 

 青春ものとしても出来が良いので、10代・20代の人は特に楽しめるんじゃないだろうか。

 


28位

 

鉄コン筋クリート

 

鉄コン筋クリート [Blu-ray]

 

 

○あらすじ
 クロとシロの二人は、ヤクザがはびこる街を好き勝手に飛び回っていた。
 ある日、地上げが始まり、謎に包まれた建設プロジェクト・薄気味悪い殺し屋達の影・そしてヘビという男の出没と、街はおかしな空気に覆われる。

 それに呼応するように、二人の運命も大きく変わり始めたのだった。

 

 

 妙な世界設定とクセのある画風は、好みが分かれるだろう。
 何度見返しても、疾走感のあるシーンに見入ってしまう。雑然とした街の風景も魅力的だ。
 それに、蒼井優さんは難役を好演していたと思う。

 

 ただ、前半と後半で表現の仕方が大きく異なるため、その辺に引っ掛かりを覚える人がいるかもしれない。
 それと、「暴力的な描写や、暗いアニメが苦手」という人も見るのをやめた方がいい。

 


27位

 

パプリカ

 

パプリカ [Blu-ray]

 

 

○あらすじ
 とある研究所で作られた、夢を共有できる「DCミニ」が盗まれてしまう。

 それから研究員達が、不可思議な夢を見始めた。


 千葉敦子は、容姿も人柄も自分とはかけ離れた「夢探偵パプリカ」に成り済まし、クライアントの夢に侵入する。

 しかし、それは罠だった…。

 

 僕は、夢を題材にしている作品が大好きなので、そうじゃない人より評価が高いかもしれない。

 

 この作品は映像表現も世界設定も独特で、混沌としているところが面白い。考えて楽しむタイプの作品じゃなくて、感じて楽しむタイプの作品だと思う。
 だから、ストーリー性を重視する人には向かないかもしれないな。あと淡々と進行していくので、盛り上がりに欠けるのもマイナス点か。

 

 芸術的なアニメ作品が見たい人や、筒井康隆今敏平沢進のファンには、強くお勧めできる。

 

 


26位

 

坂道のアポロン

 

坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】

 

 

○あらすじ

 昭和30年代の異国情緒漂う街を舞台にして、少年少女たちの爽やかな人間模様が映し出される。

 

 YUKIさんが歌っている、素晴らしいOPに釣られて見始めた青春アニメ。

 

 原作漫画の人気は知っていたのだが、僕はアニメから入った。
 ストーリーも構成も良質だけど、何より素晴らしいのが演奏の描写だ。セッションしているシーンの表現力がハンパない。
 ジャズの演奏シーンは、音楽を題材にしたアニメ作品の中で1番すごいと思う。

 

 評価が分かれるのは、キャラデザと物語の展開するスピードくらいか。
 僕はテンポが早くていいなと思ったけれど、詰め込みすぎだという感想もよく聞く。

 

 


25位

 

FREEDOM

 

FREEDOM コンプリート DVD-BOX (全6話+特別編1話, 324分) フリーダム 大友克洋 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

 

 

○あらすじ

 2200年代、地球の文明は滅亡していた。
 月で生き残った人間達は、「EDEN共和国」を建国し緩やかな発展を遂げていた。
 しかし、主人公・タケルはある写真をきっかけにして、覆い隠されてきた事実の一端を知る事となる。


 月に住む少年達は、今真実を求め進みだした!

 

 10年くらい前、宇多田ヒカルの曲と共にCMがバンバン流れていた事を思い出す。

 

 何時までも浸っていたくなるような雰囲気が、とにかく最高。
 ストーリーは分かりやすく作画は緻密、それに意外と熱い展開だから、家族で見ても楽しめるだろう。

 

 でもバイオレンスな表現はあまりないので、そういうのに期待し過ぎるとガッカリするかもしれない。

 

 

24位

 

機動新世紀ガンダムW

 

新機動戦記ガンダムW Blu-ray Box 1

 

 

○あらすじ

 「オペレーション・メテオ」によって、5機のガンダムが地球に降下した。

 それらに搭乗する5人の少年たちは多くの人々と出会い、時代をも動かしていく。

 

 あまりガンダムっぽくないガンダム作品。
 だって、メインキャラが「シリアスなギャグ」をカマすんだものw
 (序盤は)主人公達が単機で敵勢力を一掃してしまう工作員で、敵味方が目まぐるしく入れ替わるのも宇宙世紀の作品とは違うな。
 適度にアホっぽいため、ストレスなく見れるのもいい。

 

 こう書くとネタアニメみたいだけど、扱っているテーマは至って真面目なものだ。

 

 やや中弛みするのが残念なポイントか。4クール作品だから、仕方ない事なのかもしれないけど。

 


23位

 

耳をすませば

 

耳をすませば [Blu-ray]

 

 

○あらすじ

 月島雫は、受験生なのに勉強に身が入らなかった。

 彼女はある日、本の貸し出しカードにある少年の名前を見つける。そしてその名は、これまで借りた本のカードで何度も見かけた「天沢聖司」だと思い当たった。


 やがて、二人は出会う。

 雫は聖司に恋をしながらも、自身の将来に悩むのだった。

 

 

 ノスタルジーに浸れる作品。恥ずかしくなるような描写が多いんだけど、一旦見始めると目が離せなくなる。

 

 ただ僕の場合は、ネットでの「(自分は雫達みたいな経験が出来なかったので)鬱になった」という感想を見るようになってから、それに影響されてしまったのが何かアレだ…。
 元々は「爽やかな物語だナァ~」くらいにしか思ってなかったのに、最近ではネガティブな感想に影響を受けまくっている。

 

 昔みたいに純粋な気持ちになれたら、もっと楽しんで見れるんだろうな。でもネットの所為で心が汚れてしまったから、もう歪んだ見方しか出来ないと思うw

 


22位

 

ルパン三世 カリオストロの城

 

ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]

 

 

○あらすじ
 精巧な偽札を掴まされたルパン三世次元大介は、謎の真相を探るべくカリオストロ公国に入り込む。


 城に向かっていた二人は、不審な男達に追われていたクラリス姫を保護した。

 

 クラリス姫が逃げていた理由とは?

 公国に眠る宝とは、一体何か?

 

 ユーモアあり、スリルあり、爽やかなシーンありの不朽の名作。
 ルパンシリーズの劇場アニメは、この作品と『ルパンVS複製人間』が特に気に入ってる。

 

 銭形警部のあの台詞は、あまりにも有名だ。

 

 40年近くも前の作品なのに、繰り返し見ても飽きがこないのは、凄まじい完成度だなと思う。

 


21位

 

R.O.D. -THE TV-

 

R.O.D -THE TV- 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

 

 

○あらすじ

 売れっ子作家ねねねのボディーガードとなったアニタミシェール・マギーは、様々なトラブルに巻き込まれていく。

 魔法のように紙を動かす少女達が、世界を股に掛けて大暴れする。

 

 

 10年前の作品とは思えないくらい第1話の作画クオリティが高い。
 2話以降も躍動感のあるアクション・興味を掻き立てる謎・軽妙な会話が続くため、すぐに物語に引き込まれた。

 

 女性キャラが多いけど萌え系ではなく、後半になるほど緊張感のあるシーンが増えていく。

 

 終盤の出来については評価が分かれている。
 良くも悪くもエンタメしているので、ご都合だと感じる展開や設定が多いと思うかもしれない。
 そういった点を踏まえて見れば、レベルの高い娯楽作品として楽しめるだろう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

20位

 

コードギアス 反逆のルルーシュ

 

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

 

・2期『コードギアス 反逆のルルーシュR2』

 

 

○あらすじ

 大国に支配され、エリア11という地域になってしまった日本。
 学園に向かう途中で戦闘に巻き込まれた主人公・ルルーシュは、幼なじみのスザクと再び出会った。しかしスザクは、銃弾に倒れてしまう
 嘆き悲しむルルーシュに、c.c.と名乗る少女が不思議な能力を与える。

 

 一人につき一度だけ、どんな命令にも従わせられるギアスで世界を変えようと、少年は今動き始めた。

 

 毎週、良い引きで終わるため、放送終了後の反響が大きかったのを覚えている。

 

 主人公の立ち位置・考え方が、他のロボットアニメの主人公達とかけ離れているのが斬新だった。
 学園モノのような話から政治色の強い話まで色々あったけど、骨組みがしっかりしているので破綻していない。
 変わったギミックのあるロボット戦も楽しめた。

 

 この作品は、キャラアニメなんだと思う。「特定のキャラクターを魅力的に動かす為に、設定や展開が作られた」という感じがする。
 欠点を上手く利用して、人気キャラを作ったスタッフの手腕には感服する。一つ間違えば、ただの鬱陶しい存在となったかもしれないのに。

 

 続編に対しては、期待よりも不安の方が大きい。放送終了後に、「蛇足だった」と言われなきゃいいけど。

 

 

19位

 

ピンポン THE ANIMATION

 

 

ピンポン / PING PONG THE ANIMATION: COMPLETE SERIES

 

 

○あらすじ

 ペコとスマイルは卓球部に所属している。
 スマイルの技量は相当なものだが、彼よりもペコの方が高い実力を持っていた。
 そんな彼らの前に、中国からの留学生・孔文革絶対王者ドラゴン、幼なじみのアクマなど、闘志を燃やすライバル達が次々と立ち塞がる。

 

 選手達は様々な思いを胸に、インターハイ予選を迎えるのだった。

 

 

 卓球を題材にした青春もの。
 アニメは、原作漫画と甲乙付け難いくらい素晴らしかった。
 ちょっとクセのある作画だったけど、ぐりぐりと動く卓球シーンは文句のない出来だ。微細な感情の変化も、巧みに表現されている。
 アニオリは自然な補完だったし、演出も良い。
 それに、回を追う毎に盛り上がっていくので、物語の終盤ではカタルシスを得られるだろう。

 

 キャラデザで見るのを躊躇っている人は、食わず嫌いをせずに是非一度見てほしい。
 原作マンガ・アニメ・実写映画が全て成功している希有な作品だ。

 


18位

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY [4K ULTRA HD] [Blu-ray]

 

・2期『機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン』

 

 

○あらすじ 

 一年戦争末期、一方のムーア同胞団は古里を取り返すため、サンダーボルト宙域の敵軍を一掃しようとしていた。もう一方のジオン軍も、リビング・デッド師団を投入する。

 ムーア同胞団に所属するイオと、リビング・デッド師団に所属するダリルは、戦場でまみえ運命を感じ取った。


 殺し合うしかない運命を……。

 

 「まぁ~た、宇宙世紀の設定増やすのかよぉ~」と思いつつ視聴していたらハマってしまった。ガンダムにジャズって以外と合うんだなw
 最近のガンダムの中では一番好きだ。
 

 泥臭く重苦しい雰囲気の作品で、物語には重厚感があり、キャラクター達には人間味がある。

 

 でも、手足を欠損するなどの残酷描写があるため、そういう過激な表現が苦手な人は注意してほしい。

 

 

17位

 

機動戦艦ナデシコ

 

機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX

 

 

○あらすじ
 突然、木星蜥蜴という正体不明の敵が、火星や月に次々と襲いかかってきた。


 木星蜥蜴に対抗できるのは新型戦艦ナデシコだけだが、この戦艦のクルー達は変人ばかり。


 そんな折、艦長のユリカとコックのアキトは偶然出会う。

 だが、コックである筈のアキトは、機動兵器のパイロットとして敵と戦うことになってしまう…。

 

 ロボット戦あり、ラブコメあり、シリアスありのSF作品。アホっぽいノリの割に、意外と考証がしっかりしている。
 キャラクター達が、生き生きと動いているので見ていて気持ちがいい。マニアックな演出や、シリアスなのかコメディなのか分からなくなる妙な表現も好きだ。

 

 正直、放送されていた当時の僕の評価は、「そこそこ面白い」程度でしかなかった。
 再評価したのは、それから数年経ってからだ。

 

 この作品については、「もっと話を広げれば、新作が出来るんじゃない?」と思わなくもない。続編は作れないらしいけど、何とかならないかなぁ…。

 

 

16位

 

イヴの時間 劇場版

 

「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]

 

 

○あらすじ

 まるで電化製品のように、アンドロイドが普及した時代。自家用アンドロイドのログを探っていたリクオは、不思議なカフェの存在を知る。

 

 アンドロイドと人間の交流を描いたストーリー。
 元はショートアニメだけあって、テンポよく進む。テーマはしっかりとしたものだが、重苦しくはない。
 殆どのシーンがカフェ内で進行していくのにダレなかったのは、場面構成が優れていたからだと思う。

 

 派手なアクションシーンがある訳ではないし、アンドロイドものとしては古典的な設定だけれど、丁寧に心情が描写された心温まる良作だ。

 


15位

 

四畳半神話大系

 

四畳半神話大系 コンプリート ブルーレイBOX (全11話, 275分) 森見登美彦 アニメ [Blu-ray] [Import] [PAL, リージョンB, 再生環境をご確認ください, リージョンフリー又はPAL再生可のプレイヤーで再生する必要があります]

 

 
○あらすじ
 大学一年生の主人公・私。
 彼は、思い描いていたキャンパスライフとはかけ離れた、無為な学生生活を送っていた。周りには、何を考えているのか分からない小津、無理難題を吹っ掛ける樋口師匠、超個性的な美人・明石さんと、変わり者しかいない。


 そんな後悔が絶えない「私」は、不意に妙な世界へと迷い込んでしまう…

 

 

 個性豊かな登場人物達が、おかしな言動で楽しませてくれる。不毛な生活の描写にも、妙な味があって良かった。
 主人公の独白が訳分からんくらい多いのに、不快に感じないのは不思議だったな。

 

 しかし、構成上仕方のない事とはいえ同じような展開を繰り返すから、途中で飽きてしまう人もいるかもしれない。
 それらは終盤を盛り上げるための仕掛けなので、全話見れば印象が変わると思う。

 


14位

 

日常

 

日常 (NICHIJOU: MY ORDINARY LIFE - THE COMPLETE SERIES)

 


○あらすじ
 本当に馬鹿なゆっこの生活は、謎と笑いに満ち溢れている。ロッカーに入り込んだ弥勒像、教室内を飛び回るウインナーに後頭部に張りつくイカの足と、おかしな日常は続いていく。


 そして東雲研究所の時間も、やたらゆっくりと流れていくのだった。

 

 この作品は、「キャラを、どう動かせば面白くなるのか」という事を、よく考えて制作されていると思う。感情の変化が丁寧に描かれており、出し抜けに映される突飛な反応がかなり笑えた。
 色々な登場人物にスポットを当てるので飽きにくく、一風変わった演出も悪くない。
 シュールギャグから定番ギャグまで、笑いのバリエーションが豊富にあり、間の取り方も絶妙だ。
 不快な描写が殆どないのも嬉しい。

 

 ただ、「話によって、面白さの偏りがある」という感想を持つ人もいるかもしれない。多くの個性的なキャラクターが登場するため、どうしても合う合わないの差が出てしまうのだ。

 


13位

 

カウボーイビバップ

 

Cowboy Bebop: The Complete Series - Amazon Exclusive Edition (Blu-ray/DVD Combo)

 

 

○あらすじ

 人類は、宇宙に進出していた。宇宙中に散った賞金首を捕えようとするスパイク達の物語。

 

 声優の芝居・音楽・脚本・演出など全ての要素が高水準だけど、取り分けアクションシーンの作画クオリティが抜きん出ている。
 あと、独特なセリフ回しの渋いキャラクターが凄く魅力的だ。

 

 ハードボイルドな話も、笑える話も、カオスな話もある。そういうごった煮感も好き。

 

 

12位

 

進撃の巨人

 

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]

 

・2期『進撃の巨人 Season2

 

 

【ストーリー】
 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は高さ50メートルの巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。

 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。
エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。
 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。

 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も突如として崩れ去ってしまう・・・。

 

 深みのある世界設定に、不意に挿入されるシュールなギャグ、劇場作品レベルの作画と、魅力を上げれば切りがない。特にアクションは、「作画兵団」という造語が作られるくらい気合いが入っている。

 

 作中の人間が捕食されている光景は、本当に恐ろしい。だけど、ただ衝撃的なだけではなくて、残酷描写にはメッセージ性がある。

 

 原作漫画の終わり方次第で、アニメの評価も大きく変わるだろう。というか、最後までアニメ化してくれるのかが少し心配だ。

 

 

11位

 

劇場版 機動戦士ガンダム

 

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)

 

・第2作『機動戦士ガンダム哀・戦士編』
・第3作『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

 

 

○あらすじ 

 宇宙世紀0079。宇宙植民地(スペースコロニー)サイド3はジオン公国を名乗り、連邦軍独立戦争をしかけてきた。
 サイド7に住む15歳の少年アムロは、ジオン軍の奇襲の中、モビルスーツガンダムに偶然乗り込み、敵モビルスーツ・ザクを撃退する。避難民を乗せたホワイトベースは、ジオン軍の追撃をかわし、逃避の旅を続ける。
 迫るジオン軍赤い彗星シャア。大人はみんな死んだ。生きのびたければ、やるしかない。アムロの意志が、ガンダムを飛翔させる!

 

 

 不朽の名作…なのは間違いないが、僕の場合は思い出補正が相当強いと思うw
 ロボットものや群像劇として評価している人もいるんだろうけど、僕は主人公の成長物語として楽しんでいた。
 登場人物達に自分を投影してた人も多かったんだろうな。

 

 久しぶりに見返すと、結構忘れているシーンがあって驚く。
 それと、この作品と他のシリーズ作品を比較し過ぎてしまう自分が、何か嫌だ。

 

スポンサードリンク

 

 

 

10位

 

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

 

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊  [Blu-ray]

 

 

○あらすじ

 超高度ネットワーク社会の中で、より高度・凶悪化していく犯罪に対抗するために政府は、隊長・草薙素子少佐を始めとする精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊を結成。
 公安9課「攻殻機動隊」の誕生である。

 ある日某国情報筋から攻殻機動隊に警告が発せられる。EC圏を中心に出没し、株価操作・情報操作・政治工作・テロなどで国際手配中の“通称:人形使い"が日本に現れるという。
 素子は犯罪の中に見え隠れする“人形使い"の影を追う。

 

 

 隙のないリアルな設定・目を見張るほどの映像美・哲学的なテーマと、アニメファン以外にも訴求する力を持つ名作。
 銃撃戦のアクションは、全アニメ作品の中でも屈指の出来だ。
 22年経った今も、古臭さを感じさせない。Windows95の時代に、あんな映画をよく制作できたものだ。

 

 ただ、全ての内容を理解するには予備知識が必要なので、末見の人は原作を読んだ後で視聴した方がいいかもしれない。

 


9位

 

AKIRA

 

AKIRA 〈Blu-ray〉

 

 

○あらすじ

 2019年、軍の研究室へ連れ去られた鉄雄は人体実験により“力”に覚醒する。
 最高機密実験体“アキラ”の目覚めを感じた鉄雄は、“アキラ”への接近を試みる。

 

 

 得体の知れない不気味さが、奇妙な魅力となっている怪作。
 破壊シーンから得られる高揚感は、実写では味わえないと思う。
 現在の映像作品で多用されている表現方法の元ネタが、この映画に幾つもあるという事に驚かされる。
 1988年公開作とは思えない緻密な作画、異様にこだわっている音響、メカデザインも秀逸だ。

 

 しかし最近は、見ている最中にネットスラングが頭をよぎってしまい、少し冷めてしまう瞬間がある。

 

「金田ァァァ!」
「さんをつけろよデコ助野郎!」

 

 …ネットスラングの罪は重い。

 


8位

 

フルメタルパニック? ふもっふ

 

フルメタル・パニック? ふもっふ (初回限定生産) [Blu-ray]

 

 
【ストーリー】
 世界最強といわれる特殊部隊「ミスリル」に所属する戦士、相良宗介
 彼は日本の高校に通う美少女「千鳥かなめ」を守るため、日夜、彼女の護衛に励む毎日。のはずだった!?ところがカン違いで校舎内で銃を乱射するわ、ロッカーを爆破するわで大騒ぎ。騒動を起こしては、かなめにごっついハリセンを食らい、さらに言ってるそばから騒動を起こす・・・。
 今、普通の女子高生かなめに隠された壮大な?秘密をめぐり、正義とボケ、涙と笑い、そして、愛と感動の、大変迷惑な戦いが始まった!

 

 

 SFミリタリー・アクションアニメ「フルメタルパニック」の番外編。
 「ふもっふ」では、本編の所々にあった青春コメディーがずっと続いていく。この作品の後に、本編を見るのもいいだろう。

 

 登場人物同士の掛け合いには爽快感があるので、見ていて気持ちがいい。
 質の高いラブコメでもあり、不快に感じる要素が殆どない。

 

 主人公達が突飛な言動で笑わせてくれるけど、視聴者を引かせない程度に抑えられている。そういうバランス取りって、実はすごく難しい事なんじゃないかと思う。

 

 コメディアニメの中で、一番好きな作品だ。

 


7位

 

もののけ姫

 

もののけ姫 [Blu-ray]

 


<ストーリー>
 中世・室町期の日本。いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。
 エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。
 森を切り開こうとするタタラ製鉄集団とその長エボシ御前、森を守る山犬一族、そして山犬に育てられた人間の少女サン。
 アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知り……。

 

 初めて見た時は小学生だったので、グロテスクな表現を恐ろしく感じ、内容もよく理解できなかった。
 だが何度も見る内に気づかされることが沢山あって、段々と高い評価に変わっていった。

 

 力強くて精緻な作画は素晴らしく、奥深いテーマは考えさせられる。
 最近になってBDで見直してみたら、ここまで高精細な映像だったのかと驚かされた。

 


6位

 

涼宮ハルヒの憂鬱

 

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

 

 

◆ストーリー

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、わたしのところに来なさい。以上。」

 高校入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかました美少女…にして校内一の変人、涼宮ハルヒ。普通でいたい現実主義者のキョン(主人公?)だったけど、ちょっとした好奇心が仇になり、ハルヒに巻き込まれてしまった。
 ハルヒが結成したSOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)。
 キョンをはじめ、ただ者でない団員たちを従えた彼女には、本人も知らない重大な秘密があった!?

 

 この作品の最も素晴らしいところは、気軽に見れる事。
 日常モノのように視聴できるけど、SF要素がいいスパイスになっていて飽きがこない。
 いくら好きな作品でも、重い展開が続くと気が滅入ってしまうし(3位の作品みたいに)。

 

 主人公の設定が斬新だったな。彼女は、色んな意味で個性的過ぎるw
 一見どうでもいいような描写が、実は伏線だったりするのも面白い。
 OPED・挿入歌・0話は話題性があり、1話の掴みも良かったし、構成もバラエティ豊か。
 堅実に人気が出そうなテンプレキャラもいれば、意外性のあるキャラもいる。
 そりゃ、これだけブッこめば流行るわな。

 

 エンドレスエイトを無いものとすれば、僕的にはこの順位でも違和感はない。

 


5位

 

新世紀エヴァンゲリオン

 

新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]

 

 かつて社会現象を起こし、マスコミなどにも広く取り上げられた傑作。

 

 一時期、アホみたいに考察するサイト・本を読み漁った反動から、作品名を見聞きするだけでウンザリしてしまう時期があった(自分が悪いのだけど)。
 そういう拒否反応は時間と共に収まっていったのだが、新劇で作品愛が再燃してからまた考察し過ぎて、またウンザリとしてしまった(本当に自分が悪いのだけど)。
 だから僕にとってエヴァンゲリオンは、面白い作品であるのと同時に、ストレスが溜まる作品でもある。

 

 しかし、この作品が「古いアニメ」と言われている事実に驚いてしまう。最初にTV放映されてから、もう四半世紀近く経つんだもんなぁ。

 


4位

 

モノノ怪

 

モノノ怪 壱之巻「座敷童子」 [DVD]

 

 

○あらすじ

 ある雨の夜。宿場町の老舗宿・萬やに一人の女が訪れた。
 その女・志乃は一晩の投宿を願うが、宿の女将・久代は志乃にやっかいごとの臭いをかぎ取り、なかなか首を縦に振らない。
 「泊めてもらえないと自分とおなかの子は明くる日にも命を奪われてしまう」という志乃の必死の願いに根負けした久代は、
志乃を普段は客を泊めない曰くありげな部屋に通すのだった。
 一息つく志乃だったが、そこへ志乃とおなかの赤ん坊の命を狙う追っ手・直助が現れる。
 志乃はさる武家の子息の子を身ごもっており、後々の面倒を恐れた武家の当主が直助を差し向けたのだ。
 しかし、その時志乃が通された部屋のさらに奥の間から、怪しい触手が現れ、直助の命を奪ってしまった。

 

 和製ホラーアニメ。
 ストーリーも設定も練られているが、とにかく浮世絵風の奇抜な映像美が素晴らしい。
 主人公のセリフ回しも良い味を出しているし、ミステリアスなところも魅力的。
 
 でも、絵柄で敬遠される事も多いのが残念だ。
 想像の余地を残す描写やドロドロとした話が多いので、そういった意味でも人を選ぶだろう。
 とはいえ食わず嫌いをしている人の中にも、試しに見てみればドハマりする人が少なからずいると思う。

 

 「変わったアニメが好き」「芸術的なアニメを求めている」という人は、是非一度見て欲しい。

 

 

3位

 

機動戦士Zガンダム

 

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.II (特装限定版) [Blu-ray]

 

 

○あらすじ

 ジオン公国との一年戦争から8年。新たな戦乱が宇宙に起きようとしていた。
 連邦軍のエリート集団ティターンズスペースノイドを抑圧しようとしていたのだ。

 

 この作品は何年かに一度一気見すると、「もう、見なくていいや」という気分になってしまう。けれど何年か経つと、また見たくなってくる。

 

 繊細で感受性の強すぎる主人公を認められるかどうかで、作品の評価が大きく変わってくるだろう。
 「難解だ」「陰鬱すぎる」などと言われてきたけど、その批判されてきた点が僕にとっては魅力的だ。

 

 数多い登場人物達一人一人に濃密な人間ドラマがあり、みんな変に人間臭い。
 他にも、カミーユとクワトロの関係・複雑に絡み合う複数勢力の動向・前作の登場人物達の現状など、見所が沢山ある。

 

 展開が早すぎる劇場版よりも、人間模様や葛藤が丁寧に描かれているTV版をオススメする。

 


2位

 

機動警察パトレイバー2 the Movie

 

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

 

 

<ストーリー>
 2002年冬。横浜ベイブリッジに謎のミサイル投下…!
報道はそれが自衛隊機であることを告げるが、該当する機体は存在しなかった。これを機に続発する不穏な事件は警察と自衛隊の対立を招き、事態を重く見た政府は遂に実戦部隊を治安出動させる!!  東京に〈戦争〉を再現した恐るべきテロリストを追って、第2小隊最後の出撃が始まる!

 

 

 戦争と平和をテーマにしたメッセージ性の強い作品。
 初めて見たときは、まだ小学生だった。「何か難しい事話してんなぁ」「早く始まんないかなぁ」と流し見していたら、そのまま終わってしまってポカーンとなった記憶があるw

 

 大人になって見返してみたら、意外とエンタメしている事に驚いた。
 作画や演出は、間違いなく日本アニメの最高レベル。
 現在の社会問題を予見していたかのような内容で、とても1993年公開作品とは思えない。

 

 「でも、『パトレイバー』じゃなくても良かったかな」と思えてしまうのが、少し残念なポイントだ。

 

 

1位

 

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

 

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [Blu-ray]

 

・2期『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』
・3期『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

 

 

【ストーリー】
 西暦2030年、情報ネットワーク化が進む中、犯罪の芽を探し出しこれを除去する攻性の組織が設立された。
 内務省直属の独立部隊、公安9課。通称「攻殻機動隊」である。彼らの役割は、深刻な電脳犯罪への対処、要人警護、暗殺、政治家の汚職摘発から、凶悪犯罪の捜査にまで、多岐に渡る。
 “少佐”と呼ばれるサイボーグ・草薙素子を中心に、9課のメンバーはネットの闇に潜む犯罪に敢然と立ち向かっていく!

 

 

 大人でも視聴に堪えうる内容であるかどうかと、娯楽作品として面白いかどうかを考えた場合、1位はこの作品しか思い浮かばなかった。
 前者の評価だけなら、10位の『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』か、2位の『機動警察パトレイバー2 the Movie』を1位にしても良かったんだけどね。
 3期まであるけど、1期が1番エンターテイメントしてる。

 

 社会問題や哲学的なテーマを取り扱い、終盤にかけて盛り上がっていくシナリオ・スタイリッシュなポリスアクション・よく練られたSF設定と、これだけ詰め込んでいるのに破綻しておらず高い完成度を保っている。

 

 難点は、原作を読んでいないと意味が分かり辛い描写がある事くらいだ。

 

 

 

Amazonプライム・ビデオ

 

月額あたり325円で見放題になるAmazonプライム・ビデオ対象作品(2017/5/30時点)

 

・パプリカ

新機動戦記ガンダムW(外伝のエンドレスワルツも配信中)

R.O.D. -THE TV-

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュR2機

・動戦艦ナデシコ(劇場作品も配信中)

カウボーイビバップ
涼宮ハルヒの憂鬱

 他にも、多数の対象作品あり。


 プライム会員になれば、2000円未満の買い物も送料が無料になり、お急ぎ便・お届け日時指定便が無制限に使える。
 加えて、見放題の作品数が2万を超えるプライム・ビデオ、100万以上の曲が聞き放題のPrime Music、Kindle端末に対象の書籍を月1冊無料でダウンロードできる。
 Kindle端末を4000円引きで購入できるなど、他にも特典あり(※Kindle端末の割引は有料会員限定)。
 無料期間は30日。

 


○Hulu

 

 月額933円(税込み1007円)で見放題になる対象作品(2017/5/30時点)

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト(シーズン1のみ)
坂道のアポロン(6/10まで)
・FREEDOM
ルパン三世 カリオストロの城
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュR2
イヴの時間 劇場版
カウボーイビバップ
進撃の巨人(シーズン1のみ)
モノノ怪(関連作品の『怪 ~ayakashi~』も配信中)
機動警察パトレイバー2 the Movie

 他にも、多数の対象作品あり。

 


○dTV

 

 月額500円(税込み540円)で見放題になる対象作品(2017/5/30時点)

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト(シーズン1のみ)
・パプリカ
ルパン三世 カリオストロの城
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュR2
進撃の巨人
進撃の巨人 Season2

 他にも、多数の対象作品あり。

 

 

 

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp

toshikoro.hatenadiary.jp